Archive:

2009

ファッションマガジン「SWAK」では、
市橋織江が撮影した国々の作品を毎号掲載しております。
旅の案内などもあり、とても読み応えがあります。

季刊誌「SWAK」の次号、2010春特大号は
2010年2月25日、特別価格620yenにて発売予定です。
どうぞお楽しみに!!

2002年写真家・渡邉肇とのNYでの出会いをきっかけに独立、起業を決意。
2003年事務所を東京広尾へ移転。
2004年写真家・市橋織江の作品に一目ぼれをし、アプローチ。
同年8月にマネジメントスタート。
2009年事務所を世田谷区羽根木に移転。それに伴い渡邉肇氏が独立。
現在に至る。

この度、弊社は下記の通り事務所を移転することになりました。
新しい環境のもと、心も新たに邁進する所存でございます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

また、これを機にフォトグラファー渡邉肇がマネジメントを
自身の会社である有限会社diapositiveで行うことになりました。

渡邉在籍中には大変お世話になりまして厚く御礼申し上げます。
今後とも変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

平成21年11月吉日
佐藤佳代子事務所 代表 佐藤佳代子

佐藤佳代子事務所 新住所
〒156-0042 東京都世田谷区羽根木2-26-20-202
Tel. 03-6379-2446
Fax. 03-6379-2447
営業開始日: 平成21年11月16日(月曜日)

渡邉肇 連絡先
有限会社diapositive
〒106-0047 東京都港区南麻布4-2-49 麻布サンパレス401
Tel. 03-5422-8317
Fax. 03-5422-8318
js@diapositive.jp
www.diapositive.jp
マネージャー 嶋田淳子
マネジメント変更開始日: 平成21年11月18日(水曜日)
11月18日以降のスケジュール、ご連絡等は
有限会社diapositiveへお願いいたします。

映画「ホノカアボーイ」の撮影を手がけた市橋織江をはじめ、
注目の写真家数名による作品を展示販売いたします。

バリエーション豊かな作品の中から
あなたのお気に入りの一枚を見つけてください。

GINZAフォトフェスタ
11月10日(火)~16日(月)
三越銀座 7階 イベントスペース

1978年7月7日生。
スタジオ勤務後、カメラマンに師事し2001年に独立。

2011年6月市橋織江写真事務所株式会社設立。
www.ichihashiorie.com

主な仕事

GRAPHIC
大塚製薬「カロリーメイトゼリー」、読売新聞「インターハイ2016」
大塚食品「MATCH」、トヨタレンタリース、JR西日本「岡山ディスティネーションキャンペーン」
三井不動産「BE THE CHANGE」、はごろもフーズ「シーチキン」
サンヨー食品「サッポロ一番グリーンプレミアムゼロ」
ぐるなび、サントリー「フレシネ」、ロート製薬「肌研」
キリン「生茶」、sudio CLIP
大塚製薬「カロリーメイト」、Bee TV「dビデオ」、サントリー「金麦オフ」
全日空「WORLD ANAキャンペーン」、BEAMS WOMEN’S     他多数

TVCF
大塚製薬「カロリーメイト、見せてやれ、底力」篇(平祐奈)
大塚製薬「カロリーメイト、とどけ、熱量」篇(満島ひかり)
ジャパネット「Good for you」(国分太一)
サントリー企業(トミリー・ジョーンズ)
大塚食品「MATCH」(広瀬すず)
トヨタレンタリース「新しいっていい」「20%の奇跡」「欲張りな旅」篇(川口春奈)
大塚製薬 「リポビタンファイン」(前田敦子)
ヤクルト「ジョア」(剛力彩芽)
サンヨー食品「サッポロ一番・グリーンプレミアムゼロ」(高橋克己、吉田羊)
東京メトロ「Find my Tokyo」(石原さとみ)
NTT Docomo「感情のすべて」「家族」篇(久保田紗友)
アフラック「とある奥様・町内アナウンス」篇(渡辺直美)
リクルート「ゼクシィ」(広瀬すず)
アサヒフード「ミンティア」(綾野剛、北川景子)
LINE MUSIC「聴く」「シェア」篇(小松菜奈)
JCBカード オリジナルシリーズ「かけがえのない毎日」篇(福山雅治)     他多数

映画
ホノカアボーイ(2009)
40歳問題(2008)

写真集
「BEAUTIFUL DAYS」 MATOI PUBLISHING(2011)
「PARIS」 PIE BOOKS(2011)
「Gift」 MATOI PUBLISHING(2010)

企業カレンダー
トヨタ自動車企業カレンダー (2016)、Hawaii Lifestyle Club (2016)
johnmasters organics (2014)、彫刻の森美術館 (2014)
mitsubachi works 女子カメラ (2013)、ガルテルマ企業カレンダー (2013)
ORBIS企業カレンダー (2013.2012)

AWARD
・ 2016年 ADC展
グランプリ大塚製薬「カロリーメイト 見せてやれ、底力」
・ 2016年 第64回日本観光ポスターコンクール
日本観光復興協会 会長賞、オンライン投票部門4位
岩美町観光協会「しまっておいた日本がある。岩美町」
・ 2016年 第67回全国カレンダー展 審査員特別賞、銀賞
トヨタ自動車「My New Feeling」
・ 2013年 53th ACC CM FESTIVAL ACCゴールド賞、クラフト賞
大塚製薬カロリーメイト「とどけ、熱量。/新社会人へ」

個展
・「WAIKIKI」 エモンフォトギャラリー(2015.4)
・「Interlude」 キヤノンギャラリーS(2014.6)
・「市橋織江展 2001-2013」彫刻の森美術館(2013.12-2014.3)
・「IMPRESSIONNISME」 ポーラミュージアムアネックス(2012.6)
・「PARIS」 エモンフォトギャラリー(2011.6)
・「PARIS」 銀座三越ギャラリー(2010.12)
・「Gift」 エモンフォトギャラリー(2010.4)
・「パパイヤと海の夏」 EPSON Imaging Gallery エプサイト(2010.7)

展示会
・「 Imaging the Magic」 フジフィルムスクエア(2015.11)
・「 GELATIN SILVER SESSION 2015」 AXIS GALLERY (2015.4)
・「 ORIE ICHIHASHI EXHIBITION 2001-2013」 代官山蔦屋書店(2014.7)
・「 GELATIN SILVER SESSION 2013」 AXIS GALLERY (2013.10)
・「 GELATIN SILVER SESSION 2012」 AXIS GALLERY (2012.10)
・「AVILO写真展 by市橋織江」 渋谷RESPEKT(2012.9)
・「スターバックスのある風景」展 スターバックス銀座マロニエ通り店(2012.2)
・「OMOTESANDO HILLES WALL GALLERY spring」 表参道ヒルズWALL GALLERY(2012.1)
・「東日本大震災復興支援チャリティフォトカレンダー」 SLOPE GALLERY(2012.1)
・「シブカル祭。~パルコの女子文化祭~」 渋谷パルコ館内(2011.10)
・「写真家による作品のチャリティ販売2」 Axis(2011.9)
・「Lazy Fellows 2011 12th Photo Exhibition」(2011.3)
・「De PARIS」 ギャラリーメゾンダール(2011.1)
・「女流クリエイター博覧会」 CLASKA The 8th Gallery(2011.1)
・「She Has A“PEN”」 オリンパスギャラリー(2010.11)
・「EOS Kiss アツマル×市橋織江」 Canon GALLERY(2010.10)
・「more trees展-森を感じる12日間 “TOUCHWOOD art project”」 Axis(2010.10)
・「10’s AQUA Blue」 エモンフォトギャラリー (2010.3)
・「10’s Green 10人の女性フォトグラファーが撮り下ろした色のイメージ」 エモンフォトギャラリー (2009)
・「Lazy Fellows Photo Exhibition」コダックフォトサロン(2007)
・「PINK PINK PINK!!展」FUJI FILM square(2007)
・「シャッター&ラブ10人の女性写真家たち」 パルコミュージアム(2006)
・「若手女性カメラマン10人による合同展 読書する風景」 エモンフォトギャラリー(2005)

10月30日~11月3日、DESIGNTIDE TOKYO 2009が開催されます。
メイン会場の東京ミッドタウンホールで行われる、
『TOKYO PLAY GROUND』に、市橋織江が参加します。

『TOKYO PLAY GROUND』
PHOTO EXHIBITION
6 PHOTOGRAPHER × THE SCENE of SPORTS in TOKYO
浅田政志 市橋織江 小山泰介 津田直 野川かさね 平野太呂

家は狭いし、庭もない。
人も多いし、ドラエモンに出てくるような土管のある空き地もないし、
道路はクルマが溢れかえってしまっている。

そんな東京で気軽にPLAYできるところなんてありゃしない!
というのは大きな勘違い。
だって、東京は街そのものがワクワクするようなプレイグラウンドなのだから。

僕らの知らない東京、
知っているのにPLAYフィールドだって気づかずにいる東京を、
6人の気鋭の写真家が教えてくれるエキシビションがこのTOKYO PLAY GROUNDです。

1st Exhibition 会場 : DESIGNTIDE TOKYO 2009 メイン会場 / 東京ミッドタウン・ホール
会期 : 10月30日~11月3日

www.designtide.jp/09/jp/about/

ぜひ皆様でお越しください!

papaya

応募内容: 主にデスク業務中心。明るく礼儀正しい方。
簡単なパソコン業務(エクセル、ワード)、経理業務出来る方。
時間: 10:00~19:00 曜日、時間相談に応じます。
時給: 800円~
勤務地: 京王井の頭線 東松原

電話連絡後、履歴書をお送りください。

市橋織江制作のスライドショーが公開中です。
下記のアドレスよりご覧ください。

www.digitalstage.jp/life/

好評発売中の、Photo book『パパイヤと海の夏』はもうご覧になりましたか?

鎌倉の海の家、パパイヤを舞台に撮り下ろしたフォトブック。
市橋織江とヒット作を多く手掛けるエディター、赤澤かおり氏の珠玉のコラボレーション作品です。
すべての景色が愛おしく、癒されます。

この本の発売を記念し、市橋織江と赤澤かおり氏のトークショーを開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

場所:新宿ブックファースト
日時:11月6日(金)19:00~

Photo book 『パパイヤと海の夏』 写真:市橋織江 文:赤澤かおり
定価2,079円(本体価格1,980円+税)